img_02

健康被害の少ない自毛植毛は、世界でも定着しています

植毛先進国であるアメリカでも、その高い定着率や健康被害の少なさから多くの人に選ばれている自毛植毛。

年間手術を行う人の数は10万人以上とされています。

自毛植毛の効果といえばこちらです。

アメリカで生まれた植毛方法だというイメージが強い自毛植毛ですが、研究を始めたのは実は日本人の研究者でした。

1930年代に研究を始めて以降国内で技術力を磨いていきましたが、1950年代頃になってアメリカの研究者が日本の植毛に関する技術をもとに、より高い効果が期待できる自毛植毛を開発していったのです。
健康被害へのリスクを軽減し、髪の毛の定着率もより高まったことにより、アメリカ国内を始め世界中で薄毛治療として定着していきました。

日本国内でも、年々技術力は向上してきています。
日本国内では、アメリカで健康被害が原因で禁止されている人工毛を使った植毛が行われているという事実があります。



世界的に見ると、人工毛の植毛は時代遅れの手法であるというイメージが強いようですが、現在日本では、人工毛を開発する技術も上がり、人毛に近い人工毛も開発されています。

質の良いクリニックに行けば、低リスクで人工毛を使用した植毛を受けることができるのです。自毛植毛を行うために必要なドナーの髪の毛が足りないといった事情を持つ人は、人工毛植毛を受けるという選択肢もあるのです。

植毛は安い値段で手軽にできるものではありません。
自毛にしても人工毛にしても、自分の髪の毛の状態や予算によって選ぶべき方法も変わってくるはずです。

goo辞典情報を網羅した総合サイトです。

双方のメリットデメリットをきちんと把握して、慎重に選択することが何より大切です。